本文へジャンプ
main Log information Side Story Gift link

エロゲレビュー(放課後催眠倶楽部:2011/10/25)


ゲーム名 放課後催眠倶楽部 点数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ブランド すたじおちゃれん シナリオ
特筆キャラ 西園寺 結莉 グラフィック
キャラクター
(特筆キャラ評価)
BGM
システム
エロシーン
総合評価
ゲームの進行 クリア
嘘あらすじ  催眠最強伝説、再び。
あーうん、たぶんこれだけで全てが伝わる。
ヒロインは私立なさくらんぼな同人ゲーと同じような年代の少女が2人と脇役なショタと女教師。
・・
・・・て言うか本当、催眠って凄いなwwwエロゲ世界ではなwwwww
万能な催眠先生に、今作も敬意を払わざるをえない。
フリーコメント (総合評価)
 値段(2000円)の割にはボリューム・CGともに結構な量があります。同人ゲーとしてはかなり好評価。
ただ同人ゲーですし、催眠を使った特化抜きゲー以上の何物でもない。
ショタと女教師目当てだとすると各々1シーンとかしかないから、スルーが吉かも。
抜きゲーってこういっちゃなんだけど、2000円・1~2ヒロイン・5~10シーンぐらいのボリュームでやってくれる
のが一番良いのかな。フルプライスだと個々のヒロインのシーン数は廉価ゲーと変わらないけど、あんまり
興味の持てないヒロイン(BBAとか)は結局やる気が起こらないから、実は損している気がする。
・・・そんなことは皆分かっているから、だからフルプライス抜きゲーは縮小傾向にあるんだろうな。
(キャラクター)
 何だろう。思い返してみると一番印象に残ったキャラクターは主人公こと想一な気がする。体型ピザって設定で
それを活かした描写と、その割に考え方なんかがかなり理知的でギャップが凄いんですよね。うん、設定が変な
だけなんじゃね?と言われたらそれまで何だが。まぁ体型については汚いおっさんに美少女が犯される、っていう
シチュエーションのためなんでしょう。汚っさんばんざーい。
 ショタは空気。それで良いと思う。ちなみに私は男の娘とか反対派。ちんこいらんwwww



戻る